読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうとう望遠レンズを買ってしまったので記事を書いて見た(開封編)

Canon

こんにちわ!suica5718です。

以前望遠レンズを購入し無事にレンズ沼にダイブした私です。

suica5718.hatenadiary.com

 

今回は開封編をお送りしたいと思います。

とりあえず開封

家に帰ると箱が鎮座してました。

「とうとう俺も底なし沼に飛び込んでしまったか。完全にドラ息子だなw」

と箱を眺めながら感慨深くなる中年の入り口に立った男でした。

しかも結構大きかったです。

f:id:suica5718:20170407194331j:plain

そしてダンボールを開けると

f:id:suica5718:20170407194527j:plain

おぉーーーーーー!!

f:id:suica5718:20170407195951j:plain

開けてみます

昔の開封ブログをみたときにはCD-ROMとか仰々しい説明書があった記憶があったのですが、ここ最近のコスト削減の波とメディア不要の現代では不要と判断されたのでしょうね。

f:id:suica5718:20170407200108j:plain

いざ装着

ケンコーのレンズフィルターを取り付けていよいよ「合体」

f:id:suica5718:20170407200818j:plain

いやーかっこいい(文章力無し)

店頭でも散々触ったのですが、いざ自分の家に現物があると神々しく見えます(意味不明)

豚に真珠とはまさにこの事。腕をしっかり磨き精進したいものです。

細かい事をいくつか

重いの?

レンズ自体は重くない。ただし本体とバッテリーを入れると必然的に重たくなるが70-200mm F2.8Lレンズよりは確実に軽量なので手持ち撮影で使えるベストバイだと思われる。

AF速度は?

可もなく不可もなし。最新のCanonのレンズで採用されている「ナノUSM」と比べると流石に古いレンズ感が否めないが私の撮影用途では特に問題ない。

ただし、USM駆動音は室内ではやはり気にかかる。キットレンズに慣れている身としては流石に故障とは言わないが五月蝿い。

ただ屋外メインなので(防滴防塵も購入の決め手)特に問題ないですが。

インナーズーム

これ地味に決め手だったのです。同価格帯の70-300mm F4-5.6Lレンズの方が焦点距離的には有利だったのですが、やはりあの伸びる鏡胴が購入をためらってしまう理由でした。

焦点距離をテレ端に設定してもそのまま。美しいですし、なによりストレスがない。

今後ズームレンズを買うと焦点距離的にインナーズームが少なくなるのでこのレンズをまず手に入れる事が個人的には重要でした。

最後に

とりあえず開封編はこれで終わり。

次回は試写編をお送りします。