読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINE PayがVISAデビットの代替になりそうなので使い方やメリットを書いてみた

みなさんこんにちはsuica5718です。

ブログをつらつら書くのも煩わしくなり閉鎖し

また書きたくなりまた再開し再度閉鎖

そしてホップステップジャンプの3回目の復活がやってまいりました。

稚拙かつ語彙力のない文章に見る人が辟易し「またお前か!100年ROMってろ(古)」とネットからの永久追放されないように今回は戒めの意味を込めて頑張って行こうと思います。

ブログの名前? 後で適当に考えます。どうせどこかのパ…いやなんでもないです。

LINE Pay

今回はLINE Payについてのお話です。

私は過去のブログの記事で散々クレジットカードやデビットカードを作ってきたと書いてまいりました。

クレッジットカードは高額商品や旅行商品(鉄道の乗車券・特急券または航空券)や固定費に充てる為。

デビットカード電子マネー(Suica, iD)は身近な商品(食品や雑品や近距離の電車もしくは路線バスの乗車)の利用に充ててます。

デビットカードは本当に便利ですがメインバンク(三菱東京UFJ銀行)のデビットカードではありません。貯蓄用に作ったソニー銀行デビットカードなのでお金を移動しないといけない煩わしさがありました。

moneykit.net

ではなぜMUFGデビットを作らないの?答えは簡単です。年間利用額が10万円以上利用しないと年会費が発生してしまい、かつりそなクラブの様にポイント制度もありません。

ソニー銀行は年会費こそ発生しませんがポイント制度はなし。あくまでも貯蓄用です。

余談ですが新生銀行も口座開設をしてみたのでまた後日書こうと思います。

LINE Payの申し込み

スマホから登録を行い、カードを発送してもらう。

発送してもらった方がカードデザインを選択出来るし急ぎではない限りこちらがオススメ。

f:id:suica5718:20170330100049j:plain

私はブラックを選択。マットなデザインが渋いです!ただLINEのロゴが…

僕は登録時自分の名前をアルファベットにしてしまい届くのか不安でしたが無事届きましたw

ちなみにカード自体はコンビニでも販売しています。

LINE Payのメリット

銀行口座からのチャージがスマホから可能

銀行のシステムメンテナンスが実施されない限り原則スマホからチャージ可能です。時間の節約、手数料のかからないATMを探すよりはこちらを選んだ方が幸せです。

ローソンでもチャージ可能

自分の保有している銀行口座がLINE Payのチャージに対応していなくてもローソンであればレジの人にチャージする旨を伝えればチャージが出来ます。他のプリペイド電子マネーと同様ですね。

使いすぎない

デビットカードプリペイドものの特徴としてクレジットカードの様に使いすぎない(まぁその現金主義絶対的発想もおかしいのですが今回はあえて文章にしません)というよりもチャージしている額以上使う事がないので安心ですし現金の様に使えてかつポイントが付与されるのもイイですね!

高還元率ポイント

一番自分が惹かれたのはこれ。2%ポイント還元がいつまで続くかわかりません。ただこのポイント還元率は他の高還元カードと張り合えるレベルで最高のメリットです。

LINE Payのデメリット

カード表面がかなり傷つきやすい

デザインに依存する問題ですが、私が所有しているブラックのLINE Payカードは磁気部分のスライド痕が残ります。国際的にはクレジットカードやデビットカードはコンタクトレス決済対応が主流になりつつあり、日本でも一部のカードではコンタクトレスカードを発行しています。

よく使うカードだからこそ非接触対応にして破損や傷に伴う再発行の手間を省いて欲しいですね。

ICチップ非対応

最近のクレジットカードやデビットカードはICチップが搭載されている事が多いのですが、このカードはIC未対応です。なので高額決済になると否が応でもサインを求められます。セキュリティー面でも不利であることも明白です。

ちなみに暗証番号は設定可能ですがまぁまぁめんどくさいです。正直カード発行の際に暗証番号を強制的に設定させて欲しいくらいです(JRのみどりの窓口もしくは指定席券売機できっぷを買うと暗証番号必須なので)

設定方法

LINE アプリのタブで一番右側の「…」の欄をタップし、「LINE Pay」をタップする。

LINE Payのメニューがでるので

f:id:suica5718:20170402112653p:plain

(残額は恥ずかしいので加工しています)

矢印の設定(自分のスマホが英語環境なのは突っ込まないでくださいw)をタップし設定画面へ移行します。

f:id:suica5718:20170402113039p:plain

(カード番号などは加工しております)

Card Passcode(すなわち暗証番号)をタップし任意の暗証番号を設定すれば問題なしです。

(私のスクショは設定後なのでCompleteと書かれてます)

国際ブランドがJCB

日本で使う事を想定したプリペイドカードなので特に問題が生じる事はないですが、JCBは海外では使えない事が多くVISAやMaster Cardしか使えないお店が多いです。

アジア圏では使える国があるみたいですのでそこら辺はよく行く渡航先によりけりなのですが敢えてここは割とどうでもいい部類でデメリットに括らせて頂きます。

じゃあ結局作って得なの?

僕はおすすめします!LINEは大体のスマホ利用者なら使ってると思いますし現金主義の方でもポイントが貯めれるのでふと見たポイントが貯まって気分がよくなりますよ!